ページトップへ

クリエイターEXPOに出展してわかったメリットとデメリット

レイヤー結合最終版

6月29日~7月1日まで第五回クリエイターEXPOが開催され、
私、深蔵も初めて出展しました。

そこで見えてきたメリットとデメリット、そして結果と次回へ向けての準備で何が必要かをまとめてみました。



メリット

  • たくさんの企業と出会える
    とにかく沢山の来場者がいますので、フライヤーを渡したり興味を持って声をかけていただいたりと
    沢山の企業の方と出会えます。
    私自身、出版社や編プロ会社には営業をかけたことはあるのですが、
    メーカーや小売の方々からもパンフレットやパッケージに使うイラストを探しているということで声をかけられたりしました。
    なかなか営業しようと思ってもメーカーや小売の方とはアポ取りづらいので貴重な出会いだと思います。

    あとは普段持ち込みは受け付けていないようなところもフライヤーを持ち帰っていただいたりと、
    本当に様々な企業と出会えます。
  • まとめて営業できる
    上記と少しかぶりますが、一日で何十、何百の企業の方に名刺やフライヤーを渡すことができます。
    そしてそこから具体的なお話をできることもあります。

    個人で営業するとなるとまずは電話でアポとって、企業に出向いて、、、と
    一日に回れる企業の数は頑張っても5社くらい。
    電話の段階で断られたりすることもあると考えると一気にフライヤーやポートフォリオを配布できるのはすごい有意義です。
  • クリエイターの方と知り合える
    隣同士、正面、その他周辺の方と仲良くなれたりします。
    名刺交換はもちろん、TwitterやFacebookで繋がれたり。
    普段なかなか横のつながりってできづらいので、こういう機会にいろいろお話すると凄い刺激をうけます。
    中には凄い大御所の方とかもいたり。

    とはいえ商談会なので、あまり話し込むと迷惑になるのでほどほどに。
  • 自分の強みと弱みがわかってくる
    ブースを見て、立ち止まったり話しかけてくれたりする企業様から、
    こういうタッチを探してたとか、こういう仕事で使えそうですねとか聞けるので、
    自分のイラストがどのような媒体に向いているのか等がわかってきます。

    後はこういうイラストは描けますか?とか聞かれたりもするので、
    どのようなイラストが求められているのかを知ることができます。


デメリット

  • 費用がかかる
    出展費、配布用フライヤー、ブースに飾るパネル、地方の方はホテル代、交通費、、、とざっと15万以上はかかってきます。
    それでも良い仕事と巡り合えればペイできるので、ブース代10万円を高いとみるか安いと見るかは人によって違いますね。
  • 費用対効果が不明
    必ず仕事をもらえるか、いい仕事と巡り会えるかというとなんとも言えず。。。
    好感触だったけど連絡がこないとか、お仕事に発展しないというのも多くあると思います。
    とはいえ、忘れたころにクリエイターEXPOがきっかけで知り合った方から仕事をいただいたというのもよく聞くので、
    すぐに仕事に発展しなかったからといって無駄だったかどうかは判断しづらいところです。

    それも含めて費用対効果が不明なのが難しい。
  • ライバルも多い
    企業様の方から出向いてくれるので一日に沢山の企業様に営業をできるのですが、出展者も多い。
    700名くらいのクリエイターの方が集結するイベント。
    イラストレーターだけでも相当な方が出展しています。
    その中で自分の強み等をうまくアピールできないと、
    当然企業様は他の方に目がいってしまったりします。

    普段の営業は1対1が多いので、あまり比較されないかもしれませんが、
    このイベントではがっつりと比較されちゃいます。
    特に同じジャンルの人と隣になったら絵の上手さや魅せ方等すべて比較されてしまう気がします。
  • 3日間拘束される
    設営日を合わせると4日間。
    この間仕事がほとんどできません。
    特に遠方からホテル泊で出展している方は、メールの返信やラフはできても
    がっつり仕上げまではできないでしょう。
    都内からの参加でも体力的にイベント終了後に仕事をするのはかなりしんどいです。

    クリエポに合わせて仕事のスケジュールを調整する必要があります。
  • 商談会だけど、じっくりと話がしづらい
    企業の方も私と話をしにきているわけでもないので、
    一日にいろんなブースを見て回らなければならない。
    こちらもなるべく沢山の人と話をしたい。
    となるとあまりじっくりと話ができる雰囲気ではなくなります。
    よっぽど今企画しているイラストとマッチして是非具体的な話を、、、となれば別ですが。。。

    実際にいろいろとお話をさせていただきましたが、
    私は、具体的なお仕事にはその場では結びついていません。
    10分程度お話をして、何かあればとか、企画が固まり次第連絡しますとかがほとんどです。

    こういう企画をしましょうとかこちらから提案できれば別だったかもしれませんが。。。

    普段の持ち込みではだいたい1社30分くらい話しているので、
    クリエポでの商談時間は短いなぁと感じました。

    持込の場合は企業様も気を使っていろいろと聞いて出さっているので、長くなるのですが、
    クリエポの場合は企業様が出向いて、なおかつ一日に沢山のクリエーターを探しにきていると考えると
    商談時間が短くなるのはしょうがない話かなと。

    ぜひ仕事をしたいと思ってもらえるようなイラストを描けるよう精進します。



と、いろいろとメリットデメリットを書きましたが、
個人的にはメリットの方が大きいかなと思った初出展でした。

ということで次回も申込しました☆

配布していた資料は下記からダウンロードできます。

2016年07月02日

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文(必須)

自動返信メールが送信されます。
返信メールが届いていない場合は正しく送信できていない可能性がございます。